遺産分割 審判/久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワーク(板橋、豊島/文京、北区、練馬)

遺留分/遺産分割 審判

  1. HOME >
  2. 遺産分割 審判
遺産分割 審判に関する基礎知識記事や事例

遺産分割 審判に関する記事は一時的に表示しておりません。
遺産分割 または 審判に関する記事を表示しております。

遺産分割 または 審判に関する基礎知識記事や事例
  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限引き継ぐことができる相続分のことをいいます。 民法では「法定相続分」という遺産分割の基準となるものが定められており、基本的には法定相続分に則した相続分で相続を行ない...

  • 法定相続人法定相続人

    法定相続人とは、民法で定められた相続人のことをいいます。民法887条、民法889条、民法890条では、法定相続人となる人やその相続順位などが定められており、被相続人(亡くなった方)の直系卑属(子...

  • 相続法改正によりどう変わるか相続法改正によりどう変わるか

    平成30年7月に「相続法」が改正され、以下の改正点がありました。 ①「遺産分割前の預貯金債権行使」 ②「法務局による自筆証書遺言の保管」 ③「自筆証書遺言の方式緩和」 ④「特別の寄与」 ⑤「配偶...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割協議自体に法律で定められた期限はありませんが、遺産分割を含む相続手続きは早めに行なう必要があります。相続時には大きく二つの大きな期限があり、それぞれ相続の発生を知った時(通常は被相続人が...

  • 寄与分寄与分

    寄与分とは、相続人(相続を受ける人)のうち特定の人が被相続人(亡くなった方)の財産の形成に特別貢献した際に認められる相続分の配分です。寄与分が認められるケースとしては、被相続人の介護を長年にわた...

久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワークが提供する基礎知識と事例
  • 生前贈与生前贈与

    相続税対策の一環として生前贈与を行なう際には、贈与方法の選択肢がい...

  • 一次相続一次相続

    短い間に相続が二回続くことを「相次相続」といいます。相次相続には控...

  • 相続税相続税

    相続税には基礎控除が設けられており、基礎控除額は「3000万円+(...

  • 相続税の計算方法相続税の計算方法

    相続税の計算をするステップは、大きく分けて3つのステップに分かれま...

  • 暦年贈与暦年贈与

    暦年贈与とは、年間110万円の贈与税の基礎控除を活用して毎年財産を...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    公正証書遺言とは、公証役場で2人以上の証人の立ち合いのもとに、遺言...

  • 教育資金の一括贈与教育資金の一括贈与

    教育資金の一括贈与とは、子や孫へ教育資金を贈与する場合、1500万...

  • 確定申告(個人)確定申告(個人)

    個人事業主にとって、確定申告は一年に一回のやっかいな手続きでもあり...

  • 節税対策節税対策

    法人税などの会社にかかる税金は、直接支払をするものであり、会社の財...

遺留分|遺産分割 審判

ページトップへ