贈与税 非課税/久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワーク(板橋、豊島/文京、北区、練馬)

贈与税/贈与税 非課税

  1. HOME >
  2. 贈与税 非課税
贈与税 非課税に関する基礎知識記事や事例
  • 贈与税贈与税

    贈与税は、贈与された財産の金額に応じて課される税金で、年間110万円までの基礎控除が設けられています。贈与税には110万円の基礎控除以外にも、住宅資金の特例控除や教育資金の特例控除、居住用財産の...

  • 結婚・子育て資金の一括贈与結婚・子育て資金の一括贈与

    結婚・子育て資金の一括贈与とは、20歳以上50歳未満の子や孫に対して結婚・子育て資金を一括贈与する際に1000万円までを非課税とする制度です。「結婚・子育て資金」には、結婚式費用、新居の費用やそ...

  • 相続時精算課税制度相続時精算課税制度

    相続時精算課税制度は、従来の贈与税の課税方式と選択制で選ぶことのできる課税制度です。従来の贈与税の課税方式では年間110万円までの贈与が基礎控除の範囲内とされ、非課税となっていましたが、相続時精...

  • 住宅取得資金贈与の特例住宅取得資金贈与の特例

    直系尊属(祖父母や父母)から住宅取得等資金の贈与を受け、新築の家を建てたり、建売の住宅を買ったりしたときには、住宅取得資金等の特例控除を受けることができます。非課税限度額は、住宅を契約した時期や...

  • 生前贈与生前贈与

    相続税対策の一環として生前贈与を行なう際には、贈与方法の選択肢がいくつかあります。最も単純な方法が年間110万円の贈与税の基礎控除を活用した暦年贈与で、長期で相続税対策をしていくときには有効な贈...

  • 教育資金の一括贈与教育資金の一括贈与

    教育資金の一括贈与とは、子や孫へ教育資金を贈与する場合、1500万円までの資金を非課税にできる制度です。非課税の対象となる「教育資金」には、学校の入学金や授業料のほか、学用品費、修学旅行費、学校...

久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワークが提供する基礎知識と事例
  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    自筆証書遺言とは、遺言者本人が直筆で作成する遺言で、公証役場での口...

  • 監査(学校法人・非営利法人・社会福祉法人)監査(学校法人・非...

    会計監査による決算書の監査証明は公認会計士にのみ与えられた業務です...

  • 生前相談生前相談

    相続税対策は生前に相談することが重要です。相続税対策を始める時期は...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限引き継ぐことができる相続分のことをい...

  • 会計監査のやり方会計監査のやり方

    会計監査とは、企業とは独立した会計監査人が、企業の作成した財務諸表...

  • 二次相続二次相続

    短い間に相続が二回続くことを「相次相続」といいますが、10年以内に...

  • 贈与税の配偶者控除(おしどり贈与)贈与税の配偶者控除...

    贈与税の配偶者控除とは、居住用財産や、居住用財産を取得するための資...

  • 会計監査における税理士と公認会計士の違い会計監査における税...

    税理士と公認会計士は同じお金にまつわる士業であることは変わりありま...

  • FXの税金・節税対策FXの税金・節税対策

    FX(外国為替証拠金取引)で得た利益は「課税対象」となります。 ...

贈与税|贈与税 非課税

ページトップへ