贈与税 申告/久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワーク(板橋、豊島/文京、北区、練馬)

住宅取得資金贈与の特例/贈与税 申告

  1. HOME >
  2. 贈与税 申告
贈与税 申告に関する基礎知識記事や事例
  • 住宅取得資金贈与の特例住宅取得資金贈与の特例

    直系尊属(祖父母や父母)から住宅取得等資金の贈与を受け、新築の家を建てたり、建売の住宅を買ったりしたときには、住宅取得資金等の特例控除を受けることができます。非課税限度額は、住宅を契約した時期や...

  • 贈与税率表贈与税率表

    贈与税の税率は、申告をする人から誰に贈与が行なわれるかで変わってきます。 基本的な贈与では、110万円までが基礎控除額となり、基礎控除後の課税価格が、200万円以下の場合には税率10%、300万...

  • 贈与税の配偶者控除(おしどり贈与)贈与税の配偶者控除(おしどり贈与)

    贈与税の配偶者控除とは、居住用財産や、居住用財産を取得するための資金を夫婦間で贈与した際に配偶者に認められる特例控除です。贈与税の基礎控除110万円とは別に2000万円まで控除を受けることができ...

  • 相続税の申告期限相続税の申告期限

    相続税の申告・納付は相続が発生したことを知った時から10か月以内に行なう必要がありますが、万が一10か月以内に申告をしなかった場合には、「無申告加算税」が課せられます。無申告加算税の税率は相続税...

  • 暦年贈与暦年贈与

    暦年贈与とは、年間110万円の贈与税の基礎控除を活用して毎年財産を贈与していく方法です。贈与を受ける側の人が年間で受け取った贈与の合計額が年間110万円以内であれば、基礎控除の範囲内のため贈与税...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割協議自体に法律で定められた期限はありませんが、遺産分割を含む相続手続きは早めに行なう必要があります。相続時には大きく二つの大きな期限があり、それぞれ相続の発生を知った時(通常は被相続人が...

久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワークが提供する基礎知識と事例
  • 公正証書遺言公正証書遺言

    公正証書遺言とは、公証役場で2人以上の証人の立ち合いのもとに、遺言...

  • 相続税相続税

    相続税には基礎控除が設けられており、基礎控除額は「3000万円+(...

  • 決算処理(法人)決算処理(法人)

    法人決算は、会社が決算月で会計を締め切り、一年間の企業の収入・支出...

  • 会計監査における税理士と公認会計士の違い会計監査における税...

    税理士と公認会計士は同じお金にまつわる士業であることは変わりありま...

  • 設立相談/起業支援設立相談/起業支援

    会社を設立する際、起業する際は悩み事がつきものです。「個人事業主と...

  • 特別受益特別受益

    特別受益とは、相続時に、被相続人からすでに遺贈や贈与を受けている際...

  • 贈与税贈与税

    贈与税は、贈与された財産の金額に応じて課される税金で、年間110万...

  • 結婚・子育て資金の一括贈与結婚・子育て資金の...

    結婚・子育て資金の一括贈与とは、20歳以上50歳未満の子や孫に対し...

  • 事業を法人化するメリット・デメリット事業を法人化するメ...

    個人事業主として経営を行っている場合、法人化(法人成り)するか否か...

住宅取得資金贈与の特例|贈与税 申告

ページトップへ