相続税 基礎控除/久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワーク(板橋、豊島/文京、北区、練馬)

生前贈与/相続税 基礎控除

  1. HOME >
  2. 相続税 基礎控除
相続税 基礎控除に関する基礎知識記事や事例
  • 生前贈与生前贈与

    相続税対策の一環として生前贈与を行なう際には、贈与方法の選択肢がいくつかあります。最も単純な方法が年間110万円の贈与税の基礎控除を活用した暦年贈与で、長期で相続税対策をしていくときには有効な贈...

  • 贈与税率表贈与税率表

    贈与税の税率は、申告をする人から誰に贈与が行なわれるかで変わってきます。 基本的な贈与では、110万円までが基礎控除額となり、基礎控除後の課税価格が、200万円以下の場合には税率10%、300万...

  • 贈与税贈与税

    贈与税は、贈与された財産の金額に応じて課される税金で、年間110万円までの基礎控除が設けられています。贈与税には110万円の基礎控除以外にも、住宅資金の特例控除や教育資金の特例控除、居住用財産の...

  • 暦年贈与暦年贈与

    暦年贈与とは、年間110万円の贈与税の基礎控除を活用して毎年財産を贈与していく方法です。贈与を受ける側の人が年間で受け取った贈与の合計額が年間110万円以内であれば、基礎控除の範囲内のため贈与税...

  • 相続税相続税

    相続税には基礎控除が設けられており、基礎控除額は「3000万円+(600万円×法定相続人の数)」で計算することができます。この相続税の基礎控除は誰でも適用を受けることができます。相続税には、この...

  • 相続税の計算方法相続税の計算方法

    相続税の計算をするステップは、大きく分けて3つのステップに分かれます。 まずは、相続財産の総額を計算することからはじめます。相続財産の総額を計算する際には、土地などの不動産は路線価を基に金銭に換...

  • 相続時精算課税制度相続時精算課税制度

    相続時精算課税制度は、従来の贈与税の課税方式と選択制で選ぶことのできる課税制度です。従来の贈与税の課税方式では年間110万円までの贈与が基礎控除の範囲内とされ、非課税となっていましたが、相続時精...

  • 贈与税の配偶者控除(おしどり贈与)贈与税の配偶者控除(おしどり贈与)

    贈与税の配偶者控除とは、居住用財産や、居住用財産を取得するための資金を夫婦間で贈与した際に配偶者に認められる特例控除です。贈与税の基礎控除110万円とは別に2000万円まで控除を受けることができ...

久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワークが提供する基礎知識と事例
  • 一次相続一次相続

    短い間に相続が二回続くことを「相次相続」といいます。相次相続には控...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    公正証書遺言とは、公証役場で2人以上の証人の立ち合いのもとに、遺言...

  • 相続税相続税

    相続税には基礎控除が設けられており、基礎控除額は「3000万円+(...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限引き継ぐことができる相続分のことをい...

  • FXの税金・節税対策FXの税金・節税対策

    FX(外国為替証拠金取引)で得た利益は「課税対象」となります。 ...

  • 監査(学校法人・非営利法人・社会福祉法人)監査(学校法人・非...

    会計監査による決算書の監査証明は公認会計士にのみ与えられた業務です...

  • 相続時精算課税制度相続時精算課税制度

    相続時精算課税制度は、従来の贈与税の課税方式と選択制で選ぶことので...

  • 教育資金の一括贈与教育資金の一括贈与

    教育資金の一括贈与とは、子や孫へ教育資金を贈与する場合、1500万...

  • 決算処理(法人)決算処理(法人)

    法人決算は、会社が決算月で会計を締め切り、一年間の企業の収入・支出...

生前贈与|相続税 基礎控除

ページトップへ