相続法 改正/久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワーク(板橋、豊島/文京、北区、練馬)

相続法改正によりどう変わるか/相続法 改正

  1. HOME >
  2. 相続法 改正
相続法 改正に関する基礎知識記事や事例
  • 相続法改正によりどう変わるか相続法改正によりどう変わるか

    平成30年7月に「相続法」が改正され、以下の改正点がありました。 ①「遺産分割前の預貯金債権行使」 ②「法務局による自筆証書遺言の保管」 ③「自筆証書遺言の方式緩和」 ④「特別の寄与」 ⑤「配偶...

久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワークが提供する基礎知識と事例
  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限引き継ぐことができる相続分のことをい...

  • 節税対策節税対策

    法人税などの会社にかかる税金は、直接支払をするものであり、会社の財...

  • 二次相続二次相続

    短い間に相続が二回続くことを「相次相続」といいますが、10年以内に...

  • 決算処理(法人)決算処理(法人)

    法人決算は、会社が決算月で会計を締め切り、一年間の企業の収入・支出...

  • 事業承継(相続対策)事業承継(相続対策)

    経営者が変わるという会社の一大事である事業承継の対策は不可欠なもの...

  • 相続税相続税

    相続税には基礎控除が設けられており、基礎控除額は「3000万円+(...

  • アットホームな会計士・税理士事務所アットホームな会計...

    久保村隆治公認会計士税理士事務所・有限会社会計ネットワークでは、お...

  • 相続時精算課税制度相続時精算課税制度

    相続時精算課税制度は、従来の贈与税の課税方式と選択制で選ぶことので...

  • 会計監査における税理士と公認会計士の違い会計監査における税...

    税理士と公認会計士は同じお金にまつわる士業であることは変わりありま...

相続法改正によりどう変わるか|相続法 改正

ページトップへ